東京OLのチョコレート日記

1年365日チョコレートを食べ続けている東京OLです。コンビニで買えるチョコレート菓子から海外高級チョコレートまで食べ尽くす毎日をご紹介します。

スポンサーリンク

バレンタインまでラスト2日で買いたい本当に美味しいチョコレート

先月下旬から続いたチョコレート祭りも明日で終わり。

百貨店のバレンタイン催事は、ラストスパートでかなり混み合うことが予想されますね。

 

来年までしばらく買えなくなってしまうチョコレートたち、買い残したものはありませんか?

 

バレンタインが終わった後も、しばらくは美味しいチョコレートが楽しめるように、最後にチェックしましょう♪

 

今日は、「私のための美味しいチョコレート」をテーマに、今までご紹介できなかったブランドの中から、ラストに買いたい自分用チョコレートブランドをピックアップしました。

f:id:sweets5:20190213111219j:image

 

まずは、もはやこのブログでは殿堂入りしていると言っても良い

セントー

f:id:sweets5:20190213111230j:image

今年は一番大きなボックスを買いました。

f:id:sweets5:20190213112936j:image

塩キャラメル(右上)が看板チョコで、めちゃくちゃ美味しいのはもちろんですが、その他のチョコレートも絶品です。

私は塩キャラメルチョコレートだけを詰め合わせたボックスも別に購入しました。

 

お写真の大きなボックスのお値段は、税込みで3,780円です。

 

セントーについて昨年までの記事

chocolate5geek.hatenablog.com

 

 

 次は、フランスのオーガニックショコラです。

ジャン=ミッシェル・モルトロー

f:id:sweets5:20190213111238j:image 

「世界でいちばんやさしいショコラ」と言われる、フランスのショコラブランド。

 

ショコラティエのジャン=ミッシェル・モルトローは、オーガニック農園で生まれ育ち、オーガニックレストランのシェフを経てショコラティエになられた方です。

f:id:sweets5:20190213113250j:image

カカオ豆から使用される素材は全てオーガニックのものを使用。

ジャン=ミッシェル・モルトローの全商品は、フランスの厳しい基準をクリアしたオーガニック認証の「ABマーク」を取得しています。

繊細な味わいを、小さなチョコレートで存分に楽しめます。

 

12個入りボックスのお値段は、税込み3,510円です。

 

 

最後は、日本の洋菓子ブランドから

シェ・シバタ

f:id:sweets5:20190213111248j:image 

名古屋や多治見などの東海地方の洋菓子の名店です。海外では、上海やバンコクなどアジアにもお店があります。

 

私がオススメしたいのは、

ヌガティーヌ・ショコラです。

f:id:sweets5:20190213121111j:image

東京では、この時期に高島屋新宿店のみの販売です。

ヌガーが少し苦手な私ですが、試食をいただいた時にあまりの美味しさに購入。

サクサクのヌガーにシンプルなチョコレートがとても美味しいです。

お写真のダークチョコレートと、ミルクチョコレートのタイプもあります。ヌガーの甘さがあるので、私は断然ダーク派です。

 

お値段は、税込み1,350円です。

 

 

どれもこのバレンタイン時期を逃すと手に入りにくい貴重なものです。

 

今年のブログで書けなったチョコレートの中から、美味しいから絶対にバレンタインまでに伝えたい!!という3ブランドをピックアップしました。

自分が実際に食べてみて、本当に美味しいと思ったものだけを選んでいます。

昨夜から今朝にかけて、いったい何ブランドのチョコを食べたのか・・・恐ろしいです。

昨日までの個別に書いたブランド・チョコレートたちはもちろん、この3ブランドも超オススメですので、ぜひ!!!

買ったけれど時間の関係でまだ食べていないもあるので、そちらはまた追い追い。。。

 

今日明日と最後の2日間、混雑すると思いますが、お気を付けてお出かけください!

にほんブログ村 スイーツブログ チョコレートへ
にほんブログ村