読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京OLのチョコレート日記

1年365日チョコレートを食べ続けている東京OLです。コンビニで買えるチョコレート菓子から海外高級チョコレートまで食べ尽くす毎日をご紹介します。

スポンサーリンク

Leonidas レオニダス

会社帰りに恵比寿の「Leonidas」(レオニダス)へ行きました。

たくさんのチョコレートがあるので迷ってしまいましたが、詰め合わせとシャンパン味のトリュフ1つを購入。

f:id:sweets5:20160322184558j:image

まずはLeonidasを少しご紹介。
ベルギーのチョコレート屋さんで、日本にも北海道から九州までショップがあります。日本のお店で売られているチョコレートたちは毎週ベルギーから空輸で運ばれてきているようです!そして、ベルギーのインターネット投票ではチョコレート部門で3年連続1位を獲得しており、とても人気のあるお店とのこと。
そんなチョコレート屋さん、かなり期待できそうです!!
 
それでは、食べまーす!

Coeur Rose クールローズ
f:id:sweets5:20160322184715j:image
f:id:sweets5:20160322184724j:image
ラズベリーがとっても甘酸っぱい!中がとろとろです。外側はホワイトチョコレート×ラズベリー果肉。とってもフルーティーです。ピンクのハートという見た目もgood!
 
【プラリネ】
Mosaique モザイク ビター
f:id:sweets5:20160322184738j:image
f:id:sweets5:20160322184842j:image
ビターといっても結構甘め。中にサクサクのクランチビスケットが入っていて、食感も楽しめます。それに、見えますか?赤い果肉。ストロベリー?ラズベリー?この赤い粒が最後にパッと口の中に広がります。味の変化が楽しめます。
 
Gianduja ジャンドゥジャ
f:id:sweets5:20160322185035j:image
f:id:sweets5:20160322185052j:image
なめらか~な口当たり。ナッツの細かい粒がアクセントになっています。柔らかいので、お口の中ですーっと溶けて甘さとナッツの香りが広がります。
 
Carre croquant カレクロカン
f:id:sweets5:20160322184853j:image
f:id:sweets5:20160322184939j:image
ライスパフ入りです。外側のビターな硬めのチョコレートと中のプラリネが合わさってくどすぎず、すっきりした味です。食べ応えのある一粒。
 
マノンカフェ
f:id:sweets5:20160322185140j:image
f:id:sweets5:20160322185302j:image
 こちらは限定品で夏は売っていないようです。(秋~冬~春は売ってるってことですよね?)口あたりはとってもやわらかいです。中にはローストされたヘーゼルナッツがゴロンと入っています。切ってみてびっくり!フレーバーはコーヒーのお味が少しです。
 
 
私はシャンパンの入ったチョコレートに目がありません。なので、詰め合わせとは別でこちらは一粒だけ別で購入。
【トリュフ】
Truffe au Marc de Champagne トリュフ・シャンパン
f:id:sweets5:20160322185246j:image
f:id:sweets5:20160322185252j:image
パリっとした外側のチョコレートと中のシャンパン入りのガナッシュが大人の味です。シャンパンも強すぎず、甘さもあって美味しいです。クリーミーでお口のなかでとろけます~。
 
他にもたくさんのチョコレートがあったので、少しずつ買ってみようかなと思います!
ちなみに、Leonidasは一粒ずつ買うチョコレートは量り売りです!
一粒はおおよそ160円前後になるそうです。
気になるものを一粒ずつ試せるのも楽しそうですね!
 
Leonidas公式サイト